【最新刊】第五番 無痛II

無痛
2冊

著:久坂部羊

861円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

創陵(そうりょう)大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に唖然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カポジ肉腫」が多発したが国は無策で人々は恐慌した。一方ウィーンで天才医師・為頼がWHOの関連組織から陰謀の勧誘を受ける。ベストセラー『無痛』の続編。

続きを読む

レビュー

3.5
173
5
31
4
62
3
59
2
15
1
6
レビュー投稿
  • 2019/07/07Posted by ブクログ

    なんでか知らないけど、ある時期から医療ミステリが増えましたよね。

    久坂部羊さんは安易に救いとか書かないところが、好き。

  • 2019/02/28Posted by ブクログ

    かなり 怖くてちゃんと読めなかった描写も…。

    精神疾患のある人の犯罪は 罪にならないというのはやはり被害者にとってはたまらない。

  • 2019/02/05Posted by ブクログ

    この作品は テレビドラマを先に見ました ドラマもおもしろかったですが 小説のほうが 何倍もよかったです グロイ描写ももりだくさんでしたが ^^; 

    考えさせられる作品でした 刑法39条には それぞれ...

    続きを読む
開く

セーフモード