【最新刊】数学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる数学の歴史

数学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる数学の歴史

1冊

著:仙田章雄

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代エジプト、メソポタミアに数学はあったのでしょうか。数学者はいたのでしょうか。そこから話は始まります。アラビア、インド、ヨーロッパ、そして中国、日本での数学はどうでしょうか。それぞれの時代、それぞれの地域で数学がどのようにとらえられ、数学者がどんな活躍をし、数学自体がどのように発展してきたのか、一冊を通して数学の歴史を俯瞰します。数学者の足跡を訪ねた著者の旅のコラムも充実です。古代エジプト、メソポタミアに始まりアラビア、インド、ヨーロッパ、そして中国、日本まで、それぞれの時代にそれぞれの数学者たちがどんなことを考えて、どのように数学が発展してきたのかを名門高校の数学の先生が語る。それぞれの時代、地域で数学がどのようにとらえられ、数学者がどんな活躍をし、数学自体がどのように発展してきたのかを一冊で語る。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/16
    連載誌/レーベル
    BERET SCIENCE
    出版社
    ベレ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/06/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/05/21Posted by ブクログ

      歴史上の数学者たちがどんなことを行ったのか等。深いところまで書いてあるわけじゃないけど大昔から現代の問題まで。数学者が過ごした街を訪ねて旅をしたコラムが面白かった。

    • 2011/04/15Posted by ブクログ

       直接習ったことはないのだが、高校の先生として噂には聞いていた仙田先生の本。著名にある通り、数学史の流れに乗りながら、各時代の数学者に注目したり、あるいは簡単な数学的な小話を語りながら「数学」を概観す...

      続きを読む

    セーフモード