左隣にいるひと

可南さらさ 木下けい子

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    夏休みに帰省した江沢(えざわ)を出迎えたのは、五年前にケンカ別れした親友だった。高校時代、振り返るとそこにいて優しく笑っていた生方(うぶかた)。誰に告白されても「ごめんね」と困ったように微笑んで、最後は必ず江沢の左隣に戻ってくる――そんな関係に戻れるかと思ったのに、昔のままの笑顔で「あの頃も今も江沢が好きだよ」と告白されて!?左隣の特等席は永遠に君のもの――友情が恋へ育つ軌跡♪※本文にイラストは含まれておりません。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    12
    5
    2
    4
    4
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/17Posted by ブクログ

      生方×江沢
      久々の帰省の迎えに駅にやってきたのは妹じゃなくて、高校の同級生の生方だった。生方とは高校時代に仲良かったのに、とあることがきっかけでそれから5年以上も連絡もとりあわない時期が続いていたのに...

      続きを読む
    • 2015/11/09Posted by ブクログ

      初読み作家さま。
      純情乙女攻め×男前受け。
      生方×江沢

      親友から恋人に昇格。
      こう言う話好き〜

      ケンカ別れした親友と5年ぶりに再会し生方から告白される江沢。びっくりするも生方の気持ちを受け入れるま...

      続きを読む
    • 2015/09/07Posted by ブクログ

      王子様攻め、男前受け!大好きです。
      受け視点の本編激萌えでしたが、攻め視点の後日談は、あまりの押しの弱さにちとモヤモヤしました。本編だけなら★5つだったのになー。

    開く

    セーフモード