【最新刊】解夏

解夏

著:さだまさし

677円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    病により除々に視力を失っていく男。その葛藤と愛する人との触れ合いを描く表題作「解夏」他、全4作品を収録。大ベストセラー「精霊流し」に続き、涙なくしては読めない感動の書き下ろし小説集。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/09
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      一番最初にこの作品を読んだのは電車の中で、私は涙をとめる
      ことが出来なくて困ったことを記憶しています。
      映画化を耳にして軽い気持ちで手に取ったこの作品は、とても
      切ない話なのだけれども、長崎の風景とと...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      大好きな本です。
      私は何故こういった本に惹かれるのか(笑。
      4つの短編集からできてて、私はどれも好きだったけど、
      表題作と、「水底の村」が好き。才能がある人は
      別にひとつのジャンルにとらわれないんだな...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      短編集。
      収録されているどの話も、読む度に胸がじんわり暖かくなります。

      家族を想う気持ち。
      上手く伝わってこなかったり、伝えられなかったり。
      でも、日頃傷つけ合っていてもやっぱり家族。

      遠くにいる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード