【最新刊】透明な遺書

透明な遺書

内田康夫

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「警察は自殺だと言ってます。でも、私は自殺だなんて信じてません」福島県喜多方で排ガス自殺と断定された父の死因を承服できない清野翠。翠の父の友人であった「歴史と旅」藤田編集長の依頼をうけて浅見光彦は、彼女とともに残された“透明な遺書”をよりどころに、正々堂々、喜多方にむかうのだが。(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2013/08/28Posted by ブクログ

      何度も読み返しているくらい好きな作品。

      父親の死を自殺として処理された娘が、他殺だと言い、
      藤田が光彦に捜査を依頼する。。。

      車の中に残されていた中身のない遺書「透明な遺書」の謎を紐といていく…。

    • 2009/02/16Posted by ブクログ

      父のガス自殺を信じることが出来ない娘。
      父の友人である藤田編集長経由で浅見光彦に事件の解明を依頼する。
      汚職、警察失墜など社会の腐敗が底辺にある。
      途中、いつもは警察から身元を調査されて身元が明らかに...

      続きを読む
    • 2015/01/25Posted by ブクログ

      「警察は自殺だと言ってます。でも、私は自殺だなんて信じてません」

      真実を調べる依頼を頼まれた主人公。


      「そうか透明とはそういうことだったのか……」
      を、期待して読んでいたんですが

      警察が絡み、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード