【最新刊】地球光

地球光

アーサー・C・クラーク/中桐 雅夫

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かつて地球を飛び立った人類の子孫が形成する惑星連合と地球政府は、重金属の輸出問題をめぐって対立し、いまや一触即発の危機にあった。地球政府は人類同士の惑星間戦争を阻止すべく、秘密情報部員さどらーをスパイの潜む月基地へと潜入させたが・・・・・・。該博な科学知識で描く月を舞台に展開するサスペンスSF!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/09
    連載誌/レーベル
    ハヤカワSF・ミステリebookセレクション
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 地球光2017/01/15Posted by ブクログ

      心が病んでいてすがすがしい空気に触れたくなると読みたくなるのがクラークだな。
      昔読んで印象が薄かったのが気になり、もう一度手にとってみる。(表紙は月面の向こうに地球が見える昔のものですが)

      いや、面...

      続きを読む
    • 地球光
      ネタバレ
      2016/01/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 地球光2015/01/08Posted by ブクログ

      クラークの近未来物  
      表紙   5点鶴田 一郎
      展開   5点1955年著作
      文章   5点
      内容 515点
      合計 530点

    開く

    セーフモード