人間失格

太宰 治

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    「恥の多い生涯を送ってきました」3枚の奇怪な写真と共に渡された睡眠薬中毒者の手記には、その陰惨な半生が克明に描かれていた。無邪気さを装って周囲をあざむいた少年時代。次々と女性と関わり、自殺未遂をくり返しながら薬物におぼれていくその姿。「人間失格」はまさに太宰治の自伝であり遺書であった。作品完成の1か月後、彼は自らの命を断つ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード