【最新刊】コンビニ・ララバイ

コンビニ・ララバイ

1冊

池永 陽

555円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小さな町の小さなコンビニ、ミユキマート。オーナーの幹郎は妻子を事故で亡くし、幸せにできなかったことを悔やんでいた。店には、同じように悩みや悲しみを抱えた人が集まってくる。堅気の女性に惚れてしまったヤクザ、声を失った女優の卵、恋人に命じられ売春をする女子高生……。彼らは、そこで泣き、迷い、やがて、それぞれの答えを見つけていく――。温かさが心にしみる連作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/09
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.1
    149
    5
    13
    4
    39
    3
    64
    2
    25
    1
    8
    レビュー投稿
    • 2019/10/08Posted by ブクログ


      賑わってるけど乾いた場所。コンビニ。
      オーナーは珈琲店を開きたかったが、妻の希望でコンビニを始める。しかし、その矢先、子供が轢き逃げに遭い他界。間も無くして、まるで後を追うように妻も交通事故で鬼籍に...

      続きを読む
    • 2018/05/30Posted by ブクログ

      ミユキマートというコンビニが舞台の短編集。
      第七話のおじいちゃんの最期は無理矢理な感じがあったけどとても読みやすくおもしろかった。
      ほかの作品も読んでみよう

    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      最後救われたみたいだけど、なんとなく救われない感じ。
      なんか幸せが少ないというか…なんとうか
      優しい話なんだけど、ちょっと心が重くなった。

    開く

    セーフモード