はるがいったら

飛鳥井 千砂

555円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    両親が離婚し、離れて暮らす姉弟。完璧主義の姉・園は、仕事もプライベートも自己管理を徹底しているが、婚約者のいる幼なじみと不毛な恋愛を続けている。体が弱く冷めた性格の弟・行は、寝たきりの愛犬・ハルの介護をしながら高校に通い、進路に悩む。行が入院し、ハルの介護を交代した園。そんな二人に転機が訪れ――。瑞々しい感性が絶賛された、第18回小説すばる新人賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(161件)
    • 2019/05/30
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2012/05/05

      読みやすい。あっさりしていて、すらすらと読んでいけるけど、読み終わった後になんだか胸にほっこりするような余韻が残る本。
      綺麗で、気持ちを前向きにさせてくれるストーリーです。行と園の人柄や、考え方に共感...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/05/07

      愛犬・ハルの介護をしている弟が入院することになり、
      両親が離婚して以来別々に暮らしている姉が介護を引き受けることに。

      …と書くと、まるで犬の介護の作品のようだけれど、そうではない。
      むしろ介護のこと...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード