近代の復権 : マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

著:松尾匡

3,024円(税込)
ポイント 30pt

マルクスの全体系が「疎外論」はじめ極少数の図式から構成されていることを明らかにし、そこから、近年の世界的市場化がマルクスの展望の百年ぶりの復活を意味するという、左翼的常識をくつがえす世界像を導く。そして現代における協同的代案の道を根拠づける。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2015/02/10Posted by ブクログ

    必ずしも国家権力を奪取して革命を起こす必要はなく、むしろそこかしこで「民主的経営」や民主的運営組織を確立していくこと。それが現在の「社会主義革命」への道であると筆者は言う。 生産のME化、コミュニケ...

    続きを読む

セーフモード