郊外の20世紀 : テーマを追い求めた住宅地

著:角野幸博

2,530円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    郊外住宅地は、どのようなテーマを掲げ、計画されてきたのか。その結果、どのようなまちが生まれ、変化してきたのか。我々は、住まいにどんな理想を抱き、何を拠り所に住まいを選んできたのか。本書は、戦前から現在までの郊外住宅地開発を、開発者、居住者双方の視点から読みとくものである。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード