40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論

著:成毛眞

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    2012年4月に「65歳定年制」が施行され、希望すれば65歳まで働けるようになりましたが、それまでと同じ雇用条件(給料その他)で働けることを意味してはいません。では、最低5年は延びた会社人生を、ミドルエイジはいかに過ごせばよいのでしょうか?それでなくても、中高年社員に対する周囲の目は、ますます冷たくなってきています。でも40代、50代ともなると、もはや仕事で成長は望めません。だからこそ(!?)、著者は語ります。「日本の40代以上のビジネスマンの9割は、仕事に全力を注ぐ必要はない。どこかの本のタイトルにありそうだが、私は心底そう思っている」と……。人間、仕事では芽が出なくても、人生のどこかで芽が出ればいいのです。「とにかく何でもやってみて、それから考えよ」と……。本書で提案するのは、“全力で”脱力系の生き方を追い求めるための方法論。30代にも決して他人事ではない“教え”が満載です。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    17
    5
    3
    4
    9
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/31Posted by ブクログ

      螳滓・ュ逡後〒謌仙粥縺励※縺?k莠コ縺ョ闡玲嶌謨?↓縲√?後⊇繧薙→?溘?阪→諤昴▲縺ヲ縺励∪縺??る擇逋ス縺上?∝性闢?≠繧九′縲?℃蠎ヲ縺ォ逵溘↓蜿励¢縺ェ縺?⊇縺?′螳牙?縺ェ豌励′縺吶k縲

    • 2017/01/29Posted by ブクログ

      ・間接は鍛えられないが筋肉は鍛えられる。脳を軽くするには脳トレではなく好奇心、新しい店、音楽、食べ物、ファッション、文具、読書、人々。
      ・会社を辞めると肩書きは役に立たない。退職前に早めに個人商店を経...

      続きを読む
    開く

    セーフモード