【最新刊】西の善き魔女8 真昼の星迷走

西の善き魔女

8冊

著者:荻原規子

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    フィリエルは女王候補の資格を得るために、ルーンは騎士としてフィリエルの側にいることを許されるために。お互いを想い、二人はそれぞれ命を賭けた旅に出る。旅路の果てに再会した二人が目にしたものとは!?※本書は、二〇〇五年一二月、中公文庫より刊行された『西の善き魔女VIII真昼の星迷走』を角川文庫化したものが底本です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/28
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    71
    5
    27
    4
    27
    3
    15
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/11/05Posted by ブクログ

      西の善き魔女第1作
      発売してすぐ買ったくせに長らく積読のままだったが、ようやく解禁(笑)

      ん? これファンタジーなの? と思うくらい、この巻はファンタジー感があまりないような。(しいて言うなら女王の...

      続きを読む
    • 2019/08/22Posted by ブクログ

      とうとう最後の巻。やっぱりこの二人の話で終わるのねって表紙を見て思ったのだけれど、ことはそんなに簡単ではなくって、二人でほのぼのと終わるわけもなく、女王候補とその配偶者としての資質を確かめられることに...

      続きを読む
    • 2019/08/15Posted by ブクログ

      フィリエル達が南に行っている間に、東に旅立ったアデイルが主人公の巻。フィリエルも魅力的だけど、アデイルはもっと好き。冷静に立ち回る印象があったのだけれど、意外に衝動的に動くし、大人びているところと、幼...

      続きを読む
    開く

    セーフモード