父・宮脇俊三への旅

著者:宮脇灯子

451円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父が「一人で旅に出る」ことは、「会社に行く」のと同じようなものだった――。その死によって「紀行作家の父」に向き合った娘が、父として、また紀行作家としての宮脇俊三をしなやかに綴る、心にしみるエッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/23Posted by ブクログ

      鉄道紀行で名を残す宮脇俊三の在りし日の姿を伝えるエッセイ集。アルコール中毒の様子を読むのはつらいが、宮脇の飄々とした名文が、どのような苦闘のなかから生み出されたのかを窺い知ることができたのは、よい読書...

      続きを読む
    • 2018/01/20Posted by ブクログ

      父と娘の情愛、親バカぶりなど素顔の宮脇俊三が描かれている。解説の酒井順子もそうだが、特に女性が好感を持つ微笑ましいエピソードが多いが、最晩年の姿など知らなくても良かった事もあった。正直、読まない方が良...

      続きを読む
    • 2017/08/31Posted by ブクログ

      鉄道紀行作家の在りし日の生活を娘が描くエッセイ。俊三氏が著作で言っていたとおり、父が一人で鉄道旅をすることが日常であった家族ということが再確認できる本だった。晩年、休筆宣言をし、大病を得てからの俊三氏...

      続きを読む
    開く

    セーフモード