【最新刊】論語と算盤

論語と算盤
お得1冊

著者:渋沢栄一

604円423円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

孔子の教えに従って商売をする――。日本実業界の父、渋沢栄一が、その経営哲学を後進の企業家たちを育成するために語った談話集。金儲けと社会貢献の均衡を図る、現代にも生きる品格ある経営人のためのバイブル。

続きを読む

レビュー

4.2
35
5
14
4
14
3
7
2
0
1
0
  • 2019/05/11Posted by ブクログ

    備忘録、大蔵官僚から実業に。600社の創業に関与。孔子の論語(道徳)と金銭は両立する。封建制を支えるための朱子学として伝承される過程で解釈が歪んだ。稲盛和夫も伝道者。道義を伴った利益追求と他人、公益優...

    続きを読む
  • 2019/04/14Posted by ブクログ

    仕事をする上で、大切にしなければいけないことは何だろう。 売り上げ?利益?もちろんそれは大切だ。仕事なのだから。 でも、もっと他に大切なことがあるはずだ。 題名にある「論語」は「道徳」を表し、「算...

    続きを読む
  • 2018/06/19Posted by ブクログ

    商業活動は、自らの利でなく、社会の利、そして、徳を考えて勤めることがよく伝わってきた。そして、目先の利、勝利でなく、長期的な視点に立った利を考えることの重要さをよく理解できた。楠木正成と足利尊氏、菅原...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード