【最新刊】論語と算盤

論語と算盤

1冊

著者:渋沢栄一

616円(税込)

PayPayの特典は、PayPayボーナスライトが後日付与されます。譲渡できません。有効期限は処理日から60日です。利用するにはYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。その他注意点はこちらをご確認ください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    孔子の教えに従って商売をする――。日本実業界の父、渋沢栄一が、その経営哲学を後進の企業家たちを育成するために語った談話集。金儲けと社会貢献の均衡を図る、現代にも生きる品格ある経営人のためのバイブル。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/26
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    4.1
    37
    5
    14
    4
    16
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/19Posted by ブクログ

      逆境は必ずある。その時に自然的要因と人為的要因があり、どちらも自分自身の取り組み方で乗り越えられるというところが1番印象的だった。
      人としての心構えは有史以来変わらないのだなぁ。
      さすが偉人と呼ばれる...

      続きを読む
    • 2019/12/15Posted by ブクログ

      191215.読み応えあった。言葉使いが古いので少し読みにくいが、内容は現代にも通じる。素晴らしい。
      勉学は基礎的に必要だし永遠に続ける必要がある。
      道徳がバックボーンにない場合、何事も悪循環に陥る。...

      続きを読む
    • 2019/12/07Posted by ブクログ

      倫理、道理、人として正しく生きることと、正しい道理の富を得ることを両立させることの大切さを説いた本。

      志が大切。心のコンパスを再度認識すべきと感じた。

    開く

    セーフモード