山岡鉄舟の武士道

著者:勝部真長

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    禅によって剣の道を極め、剣によって禅を深める――。鉄舟が求めた剣禅一致の境地とは何か。彼が晩年述べた独特の武士道論に、盟友勝海舟が軽妙洒脱な評論を加えた、日本人の生き方の原点を示す歴史的名著。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/02/11Posted by ブクログ

      山岡鉄舟晩年の口述を筆記した「山岡先生武士道講話記録」がもとになったとされる「武士道」それを再編し発行されたものに、さらに著者が解説をつける。
      幕末の志士と言われる連中は剣の道で人間修行の第一歩をふみ...

      続きを読む
    • 2014/10/19Posted by ブクログ

      武士道の極致は無私。行き着くところは平和。それが故に理解のためには、禅や儒教、神道、仏教の学習が必要。剣術を極めた者が静的なものに行き着くのは、年齢による衰弱だけが理由ではないのだろう。文武両道が掲げ...

      続きを読む
    • 2006/08/08Posted by ブクログ

      武士道と思って読むと肩透かしを食らう。
      明治時代に入ってから、幕末に名を馳せた老人に昔話を聞きました、という内容。
      侍・武士道という言葉を使いたかっただけで、実際の内容は道徳に関するお説教のような物。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000151602","price":"616"}]

    セーフモード