方法序説

著者:デカルト 訳者:小場瀬卓三

484円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    哲学史上もっとも有名な命題「我思う、ゆえに我あり」を導いた近代哲学の父デカルトの名著を新装・復刊。人間に役立つ知識を得たいと願ったデカルトが、懐疑主義に到達する経緯を綴る、読み応え充分の思想的自叙伝。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/18Posted by ブクログ

      ページ数が少なく1章ずつ読んでいけばいいので、途中で挫折しない。解説が分かりやすくて本書の意義を理解するのに助かった。本編内容については半分も理解できなかったが、ところどころで琴線に触れるものがあった...

      続きを読む
    • 2017/12/18Posted by ブクログ

      有名な一節に集約されているけれどそれを発表するまでのプロセスや葛藤なども含めて短い冊子だし読むといいと思う。角川版と併読したけど、序盤は角川の平明さがいいし中盤、四部以降、見通しがついたあたりからは岩...

      続きを読む
    • 2017/11/21Posted by ブクログ

      「良識はこの世でもっとも公平に分配されている」大学教育に見切りをつけて「世間という大きな書物」を求めて放浪の旅に出た末の「我思う故に我有り」という理性至上主義。現代では批判も多いのだが、江戸時代初期に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード