文庫版 豆腐小僧双六道中ふりだし

著者:京極夏彦

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    豆腐を載せた盆を持ち、ただ立ちつくすだけの妖怪「豆腐小僧」。豆腐を落としたとき、ただの小僧になるのか、はたまた消えてしまうのか。「消えたくない」という強い思いを胸に旅に出た小僧が出会ったのは!?

    続きを読む
    • 豆腐小僧 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      豆腐小僧 全 3 巻

      2,618円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    • 2018/05/29Posted by ブクログ

      妖怪とは何か。がわかる本。

      この本の魅力は、達磨先生による京極節妖怪解説もさることながら、豆腐小僧をはじめ、妖怪たちがコミカルで、愛らしいところである。

      また、現代から見た語りがテンポよく洒落...

      続きを読む
    • 2010/12/03Posted by ブクログ

      文庫本かで再読。久しぶりに読んだが、相変わらず面白い。いつもは人間側から妖怪を講釈する京極本が、妖怪側を主体として、自らの定義と限界を滑稽達磨を狂言回しとして語る。人が語る主観よりも、妖怪側の主観の方...

      続きを読む
    • 2011/06/22Posted by ブクログ

      豆腐小僧のジュブナイル版、だから豆富小僧なんですな。平成の世を舞台とし少年を狂言回しとして登場させていますが、骨格となるのは『豆腐小僧双六道中 ふりだし』と同じ。いやさ、この同じってとこがすごいなあと...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000151573","price":"968"}]

    セーフモード