賭博覇王伝 零 ギャン鬼編 7巻

福本伸行

432円(税込)
ポイント 4pt

「恨みっこなしですよ!誰が勝っても!」――。「諭吉の独り言」を解読して、宝桜富士見の丘ファミリータウンへやってきた宇海零(うかい・ぜろ)。そして社長・貴光(たかみつ)やタツキ、専務・岡島(おかじま)と合流した零は、富士見の丘ファミリータウンの土留めブロックに隠された3779の謎を解き明かす。そして「仏陀の最期看取る宝沼で」というメッセージにたどりついた零は……!?

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2013/04/25Posted by ブクログ

    沼のエピソードは面白かったけど、全体としては読者が解けるようなパズルではなくがっかり感が強かったです。 昔のテンポの良い零に戻ってほしいですね。

セーフモード