暴れん坊少納言 7巻

完結

かかし朝浩

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

中宮・定子に仕える清少納言(諾子)は個性派ぞろいの女房たちや、婚約者(?)橘則光などに囲まれて大騒ぎの毎日を過ごしていた。だが、A.D.1000、出家していた天皇の実母である国母・詮子が戻ってきたことにより、梅壺に暗雲が立ち込めることに…。ツンデレ少納言の恋と和歌と大暴れな日々をオリジナル視点で描く入魂作がついに終わりを迎える最終巻!!梅壺の未来、そして少納言の運命はいかに!?

続きを読む
  • 暴れん坊少納言 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    暴れん坊少納言 全 7 巻

    3,850円(税込)
    38pt獲得

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/08/09Posted by ブクログ

    思い切りよく史実をねじ曲げている点は多々ある(大きい変更点は注釈でフォローされています)ものの、『枕草子』中のエピソードを上手くコメディに翻案しているという印象。こんなエピソードあったっけ?というのも...

    続きを読む
  • 2012/05/05Posted by ブクログ

    面白い世界観が出来上がっていたので、もう少し細かいエピソードも読んでみたかった。
    2014/2/17「はなとゆめ」を読む途中で本作を思い出して再読。のびやかな本作で、史実の物足りなさを補うのも良いかと...

    続きを読む
  • 2011/02/19Posted by ブクログ

    内容紹介
    中宮・定子に仕える清少納言(諾子)は個性派ぞろいの女房たちや、婚約者(?)橘則光などの囲まれて大騒ぎの毎日を過ごしていた。 だが、A.D.1000、出家していた天皇の実母である国母・詮子が戻...

    続きを読む
開く

セーフモード