本当はコワくないFacebook

石田愛

509円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    Facebook、情報漏洩が怖いし、プライバシーを守りながら、楽しく使う方法が分からない。使うとどう得なのか?何が得られるのか?そんな疑問をもつ人にぜひ読んでいただきたい1冊です。【目次】プロローグ第1章HOP『Facebookベーシック編』使ってみよう!と思うきっかけをみつけようFacebookって何をするところなの?Facebookって何ができるの?他第2章STEP『Facebookレベルアップ編』あなたのFacebookはFacebookになっている?「顔」が大事なんです自分を知ってもらおう他第3章JUMP『Facebookアドバンス編』タグ付け、いやですか?タグ付けが嫌われる理由ってタグ付けのメリットって?他第4章GO!『Facebookマスター編』Facebookと私Facebookと無職生活迷い多き時代とFacebook他【著者】石田愛フラダンサー。獨協大学外国語学部英語学科卒業。半導体製造会社で営業アシスタントを経て営業職に。10年勤めたものの、業績不振による突然の解散で、否応無く無職に。しかし、突然の不運をチャンスに変え、長年の夢だったハワイへのフラ留学を実現。夢のまた夢を叶えられた理由を振り返る中で、Facebookが大きな役割を果たしてくれたこと、Facebook無しではあり得なかった人生の広がりに気づき、本書執筆に至る。※impressQuickBooksシリーズは出版社のインプレスが、「スマホで読むための電子書籍」として企画しています。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード