話を聞かない医師 思いが言えない患者

磯部光章

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    病院での受診の際、症状や心配していることをうまく伝えられず、受けた治療に不満を感じた経験を持つ人は多いのではないだろうか。こういう場合医師の側も、患者の期待に応えられなかったことに忸怩たる思いを抱くことになる。医療現場でのトラブルは実は患者と医師のコミュニケーション不全に起因するものが多い。言い換えれば患者と医師の会話がうまくいっていれば、防げる問題も多い。受診するとき心配事を上手に伝えるにはどうしたらよいか、医師は患者の思いをどうやって汲み取ったらよいか、臨床と医学教育の現場に長く身を置いてきた医師が具体的に提言する。【目次】はじめに/1 コミュニケーションの失敗による不幸/2 コミュニケーションギャップの形成/3 異文化に生きる患者と医師/4 患者の世界/5 医師の世界/6 科学的根拠に基づいて行う医療の功罪/7 患者と医師の新たな接点を求めて/おわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/10/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      病院での受診の際、症状や心配していることをうまく伝えられず、受けた治療に不満を感じた経験を持つ人は多いのではないだろうか。
      こういう場合医師の側も、患者の期待に応えられなかったことに忸怩...

      続きを読む
    • 2013/09/22Posted by ブクログ

      医者と患者のコミュニケーションが失敗する要因は色々あるから、なんでも医者まかせにするのではなく、患者も事実として把握していることは、医者に伝えるべきなのかな、とか思った。

    • 2013/02/05Posted by ブクログ

      臨床と医学教育の現場に長くたずさわられた著者が、医療現場でトラブルの主要な原因となる「患者と医師のコミュニケーション不全」に焦点をあて、具体的な事例を元に、その原因と改善方法について著している一冊です...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000150908","price":"737"}]

    セーフモード