花の懸け橋 浪花ふらふら謎草紙

岡篠名桜

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大坂の旅篭「さと屋」の看板娘で、町案内を生業にする花歩。ついに生き別れの実の父と再会するが、幼い頃に花歩が置き去りにされた理由と父の身の上は、思いもかけないものだった。これからは実父と共に暮らすことにするのか、それとも養父母が営む「さと屋」を継ぐのか、武士である千代太郎との身分違いの縁談を受けるのか――花歩に、決断の時がせまる。人情時代小説シリーズ、堂々完結!

    続きを読む
    • 浪花ふらふら謎草紙 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      浪花ふらふら謎草紙 全 5 巻

      2,475円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    • 2013/02/19Posted by ブクログ

       捕り物帖ではない時代劇、それに舞台が大阪、ぱらぱらっと見た文体も読みやすそうだったので衝動買い。期待どおり楽しく読みました。
       街全体に見守られ育てられたというヒロインが良かったです。物怖じしなくて...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/01/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/01/18Posted by ブクログ

      浪花ふらふら謎草紙 シリーズ4作目。
      今回も花歩は町案内のお客さんが巻き込まれた事件に助けに入ったり、佐名ちゃんの縁談相手が関係していたり…。

      花歩と千代ちゃんの関係はあいかわらずもどかしいですが、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001517944","price":"495"}]

    セーフモード