雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙

岡篠名桜

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大坂の旅籠「さと屋」の看板娘の花歩。名所案内と案内図「浪花歩図絵」の評判は上々だが、図絵に載せて欲しい店からの付け届けも急増、対応に頭を悩ませていた。そんなとき、花歩の行方知れずの実父が描いた宝船の絵と、そっくりの絵を見たという人が現れて……。秋の名月、晩秋の顔見世興行、冬の雪景色など、風物と共に綴られる全4編を収録。浪花の人情溢れる時代小説、第3弾。

    続きを読む
    • 浪花ふらふら謎草紙 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      浪花ふらふら謎草紙 全 5 巻

      2,475円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    • 2019/12/28Posted by ブクログ

      浪花ふらふら謎草紙 シリーズ3作目。

      今作も町歩きの傍ら、千代ちゃんとの関係も進展してるのやらしてないのやら…ヤキモキの初々しさ。千代太郎わかりにくすぎ、花歩も鈍感すぎな(笑)
      父の手がかりも見つか...

      続きを読む
    • 2015/10/17Posted by ブクログ

      連作短編4編
      4編目の宝船の行方で花歩の行方不明の父の手がかりが少し進展.それにしても大阪のいろいろな風物や風景が楽しい.

    • 2014/11/01Posted by ブクログ

      趣味?と実益から出発した花歩のツアーガイドだけど、商売が絡んで周りがほっとかないのが大阪らしい(笑)。あいかわらず千代太郎との事は足踏み状態。というか肝心の千代太郎の出番が少なく何を考えてるのか、こっ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000327771","price":"528"}]

    セーフモード