登山の法律学

著:溝手康史

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その遭難はリーダーの責任か?クライマーでもある弁護士が、山岳事故における法的責任を平易に解説した画期的な山の法律書。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/01/31Posted by ブクログ

      遭難や事故、引率登山やリーダーの役割など様々なケースにおいて、法的な責任や倍賞責任がどうなるのかを解説した書。

      最近は、『連れて行ってもらう』という意識が高い中、多くの登山者に本書を読んで、自己判断...

      続きを読む
    • 2007/09/25Posted by ブクログ

      山に人を連れてゆくことが多くなった最近…。これが訊きたかったと思いました。山の常識と法の常識、納得はいかなくても、知ることはやっぱり大切です。

    セーフモード