国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメント

著:小川榮太郎

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安倍政権はぎりぎりで間に合った奇跡の政権である。2013年夏。悪化するデフレ、中国・韓国による領土侵犯と、かつてない内憂外患の危機にあった日本。あのまま民主党政権が続いていたらどうなっていただろうか。この国を救うために、地獄の底から命を賭して戻ってきた類いまれなる政治家の新たな戦いの軌跡を文藝評論の手法で鮮やかに描いた感動のノンフィクション。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/14Posted by ブクログ

      安倍晋三は日本の国そのもの。民主党政権でガタガタになった日本を立て直す切り札だ。加藤清隆氏曰く「戦後でも一、二を争う名宰相」第1次政権では、10年分の仕事を1年で成し遂げた評価はすでに定着。復活の総裁...

      続きを読む
    • 2015/07/06Posted by ブクログ

      2012年12月に第二次安倍政権は誕生した。翌2013年は20年ぶりの伊勢、60年ぶりの出雲の両遷宮、熊野の120年大祭、熱田では1900年大祭というまさに時代の節目を感じさせる年に始動した。民主党政...

      続きを読む
    • 2013/07/27Posted by ブクログ

      著者前作の『約束の日』の続編的な本。

      筋金入りの国家感を持ち、理念を貫く政治家、安倍晋三総理について書かれている。

      マスコミを敵にまわしたために全く報じられることが無かった6年前に成し遂げた多くの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード