ときどき意味もなくずんずん歩く

著:宮田珠己

556円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ものぐさだけど、前のめり。それがたたってか、カヌーに乗れば穴があき、山に登れば大雨警報。島一周歩いたら、海でも崖でも遭難寸前。宗教の勧誘を論破しようとして鼻であしらわれ、原発では放射能漏れに遭遇。ジェットコースターに乗りまくっていたらなぜか評論家と呼ばれてテレビに出演……。思わず脱力させる、旅と日常を綴った爆笑エッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    72
    5
    21
    4
    29
    3
    16
    2
    6
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/16Posted by ブクログ

      【シンプルに面白い!】
      エッセイなので、ひとつひとつの小話が面白いのはもちろん。
      途中、いや序盤から果たして自分は何を読んでいるんだ?
      これはエッセイだったか?だとしたら著者の自由だが。
      これではあま...

      続きを読む
    • 2019/04/14Posted by ブクログ

      題名に惹かれて購入した、初めての作家さん。旅物は結構読み慣れているけれど、何故か読みにくい。今までの旅物とはスタンスが少しちがうのか、読みにくい。残念。

    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      旅などに関する爆笑エッセイ。

      面白いっちゃあ面白いんだけど、この方のツボは
      ワタシの笑いのツボとはちょっとズレてる。

      ここは笑うところだゾというポイントの描き方が
      なにか少し強引で稚拙な感...

      続きを読む
    開く

    セーフモード