【最新刊】東南アジア四次元日記<豪華立読み版>

東南アジア四次元日記

無料あり

2冊

著:宮田珠己

0円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

    会社を辞め、東南アジアへ。セメント像が並ぶ庭、顔だらけの遺跡、仏像の迷路、ミニチュア人形が載った盆栽など、奇奇怪怪なものが次々現れる。脱力の旅なのに危険も多発する爆笑エッセイ。本ファイルは幻冬舎文庫『東南アジア四次元日記』の全260ページのうち43ページ分を収録した<豪華立読み版>です。全編を収録した製品版も、ぜひ各電子書店でご購入下さい。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/26
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    22
    5
    6
    4
    7
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      会社を辞め、東南アジアへ旅に出た。遊園地にしか見えない教団施設、仏像の迷路、バナナを頭にのせた虎の像、四階建てビルを枕にした巨大仏など、奇奇怪怪なものが続々登場。しかもその道程は、オンボロバスに乗せら...

      続きを読む
    • 2017/08/30Posted by ブクログ

      記念すべき会社退職後独り立ち作品。デビュー作が強烈過ぎたためか、本作の文章は「守り」に入った感があった。しかし、旅行先は不思議ワールドが広がる東南アジア。ミャンマーのオカマは勘弁してもらいたいが、その...

      続きを読む
    • 2015/09/20Posted by ブクログ

      出張先で読んだ。社会人の縛りの大きさを強く感じることができた。
      あぁ、このまま国境を越えてうろうろうりうりしたい。

    開く

    セーフモード