【最新刊】わたしのマトカ

わたしのマトカ

1冊

著:片桐はいり

468円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    ゴムに塩と砂糖をまぶしたような激しい味の「サルミアッキ」に驚愕、お互い言葉が通じないトラムの運転手さんの親切に涙、怪しいクラブ「地獄」に果敢に挑戦、フィンランドのおふくろの味に舌鼓……。旅好きな俳優が、映画の撮影で滞在したフィンランドの日々をユーモアと愛情たっぷりに綴る、人情味溢れる旅の話。笑えてジンとくる、名エッセイ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/26
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.1
    161
    5
    55
    4
    73
    3
    32
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      ところどころ良い雰囲気のお話もあったが全体的には期待したほどではなかった感じ。様々な旅をされている方なのだからもっと違った本の出し方があると思う。編集者と出版社が残念。

    • 2019/06/16Posted by ブクログ

      すごく素敵な旅エッセイ。片桐さんが本当に人と旅が好きなんだなぁと言うのがよく分かる。かもめ食堂の裏話も聞けて面白かった。

    • 2019/05/03Posted by ブクログ

       かもめ食堂のキャストの一人、片桐はいりさんが撮影中滞在したフィンランドのあれこれを綴ったエッセーです。

       表現がすばらしいです。【サルミアッキ=「タイヤとかゴムのホースに塩と砂糖をまぶしてかじった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード