【最新刊】グアテマラの弟<豪華立読み版>

グアテマラの弟

無料あり

著:片桐はいり

0円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    グアテマラの古都・アンティグアに家と仕事と家族を見つけた年子の弟。ある夏、姉は十三年ぶりに弟一家を訪ねる旅に出た。まばゆい太陽とラテンの文化で、どんどん心身がほぐれていく。そして陽気に逞しく暮らす人たちと過ごすうち心に浮かんだのは、外国を知らずに逝った父、家事にあけくれ続ける母のことだった。旅と家族をめぐる名エッセイ。本ファイルは幻冬舎文庫『グアテマラの弟』の全198ページのうち29ページ分を収録した<豪華立読み版>です。全編を収録した製品版も、ぜひ各電子書店でご購入下さい。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/26
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    103
    5
    39
    4
    46
    3
    18
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/22Posted by ブクログ

      片桐はいりさんのエッセイ第二弾。

      タイトル通り、グアテマラに住むご自身の弟さんを訪ねた旅がメインで、ラテンの人たちの大らかさと現地の明るい陽射しを感じとれる一冊です。

      何事にも裏表の無い弟嫁、屈託...

      続きを読む
    • 2018/04/01Posted by ブクログ

      仕事でグアテマラに関わることがあるので、現地の様子を少しでも体感できたら、と思い手に取りました。いやはや、片桐はいりさんのピリッと風刺の効いた言葉回しとリズムの良い文章に、すっかり虜になりました。訪れ...

      続きを読む
    • 2018/12/28Posted by ブクログ

      著者は舞台女優の片桐はいりさん。実弟がグアテマラのアンティグアに住み着き、音信不通だった彼を訪ねて、グアテマラでの人々の暮らしなどを観た所感のエッセイ。面白かった。俳優なのに、文章がとてもうまい。全く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード