妹の力

著者:柳田国男

637円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

かつて女性には神秘の力があるとされ、祭祀を取り仕切り、信仰の対象にもなっていた。女性に託されていたものとはなにか。全国の民間伝承や神話などを丹念に検証し、担っていた役割を明らかにする。

続きを読む

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/03/20Posted by ブクログ

    この本は柳田が生前に編んで出版したアンソロジーで、一応、民俗において「女性」が登場する論説が収められている。
    最初の方の「巫女」論はおもしろい。女性を<自然>の権化とみなす世界観は、きっと妊娠・出産・...

    続きを読む
  • 2013/10/05Posted by ブクログ

    いつかは読もうと思っていた本。なかなか時間が掛かった。ある程度晦渋な本でも段々スピードが上がってくるものだが、この本は終始手こずった。
    言葉遣いが古いし、当時の常識や話題を当然と書かれていると、何のこ...

    続きを読む

セーフモード