雪国の春 柳田国男が歩いた東北

著者:柳田国男

604円(税込)
ポイント 6pt

名作『遠野物語』を刊行した十年後、柳田国男は二ヶ月をかけて東北を訪ね歩いた。その際の旅行記「豆手帖から」をはじめ、「雪国の春」、「東北文学の研究」など、日本民俗学の視点から深く考察した東北文化論。

続きを読む

レビュー

3
2
5
0
4
0
3
2
2
0
1
0
  • 2014/03/06Posted by ブクログ

    なかなか面白かったけど、柳田の文章は難しいなあ。読むのに随分時間がかかった。 2018/01/03再読了 柳田の文章にようやく慣れてきた。慣れると、柳田の優しさがよくわかる。なんとも、いい人だなあ。

  • 2013/02/12Posted by ブクログ

    つい最近柳田国男の著作権が切れたらしい。このタイミングと関係ありそうだが、角川ソフィア文庫で、絶版だったものも含めて柳田国男の諸著作を新装版として出した。本屋の店頭にずらっと並んでいたので、数冊買って...

    続きを読む

セーフモード