日本の祭

柳田国男 安藤礼二

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古来伝承されてきた神事である祭りの歴史を「祭りから祭礼へ」「物忌みと精進」「参詣と参拝」等に分類し解説。近代日本が置き去りにしてきた日本の伝統的な信仰生活を、民俗学の立場から次代を担う若者に説く。

    続きを読む
    • 柳田国男コレクション 全 19 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      柳田国男コレクション 全 19 巻

      11,165円(税込)
      111pt獲得

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/08/15Posted by ブクログ

      気が向いたときにちびちび読んでいたけどようやく読了!いやあ面白かった。読むといろんなアイディアが生まれてくるし、普段の振る舞いや行事などにも深い意味が見えてくる。本当に面白い読書体験だった。

    • 2013/10/02Posted by ブクログ

      日本人の生活に溶け込んでいる「祭」の原始的な姿とは何か?をひたすらに問い続けた一冊。
      現代に存在する祭式儀礼は、拝礼ひとつ取ってみてもすべて簡略化されたものだという指摘は驚き。
      本来の意味から語呂だけ...

      続きを読む
    • 2013/07/25Posted by ブクログ

      日本における祭りとは何かということについて、日本各地の祭りの事例をあげ、分析した結果を記述した本。
      正直、文章も難しいし難解でくじけそうだった。

      が、このように深く考察できることこそが学者といえるの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード