江戸の妖怪革命

著者:香川雅信

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    妖怪のカタログ「妖怪図鑑」、妖怪を出現させる「妖怪手品」のマニュアル本、妖怪カルタ、人形などの「妖怪玩具」――。江戸で大流行した妖怪遊びを紹介し、江戸時代に起きた「妖怪革命」の軌跡をたどる。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/02/09Posted by ブクログ

      感想はブログでどうぞ
      http://takotakora.at.webry.info/201502/article_3.html

    • 2014/12/14Posted by ブクログ

      著者は妖怪の研究で博士号を取得したようで自称妖怪博士である。
      内容的にはトレビア本に近い様に思う。妖怪と日本人の精神構造とか文化人類学的な考察とか言うものを期待したが、その方面での考察は少々薄い(主題...

      続きを読む
    • 2014/01/27Posted by ブクログ

      妖怪文化の遍歴をわかりやすく解説した一冊。この類いの入門書としては凄く優れた一冊だと思った。お求めやすい価格だし。逆に言えばこのタイトルで想像した以上のものは別にないんだけどね。

    セーフモード