【最新刊】夏月の海に囁く呪文

夏月の海に囁く呪文

著者:雨宮諒

605円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    修一は、夢久島という長閑な島に暮らす高校2年生。学校生活にどこか馴染めない自分を自覚しつつ“能面”を被って、友達とも“普通”に過ごしていた。夏休みに入った日、修一は、港で海を見ながら泣いている一人の女性と出会う。夢久島には、「海で“呪文”を唱えると本当の自分の居場所に連れて行ってくれる」という噂がある。その話を確かめるために彼女はこの島に来たというのだが……。彼女との出逢いにより、修一の“能面”の日常に変化が訪れる。はたしてその“呪文”とは――?島に伝わる噂をめぐり、心に傷を抱えた人々が織り成す、心ビタミン短編連作ストーリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/19
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    • 1巻2008/02/04Posted by ブクログ

      すてき!
      でもこのあとから雨宮さんはあんま読んでないんだなorz
      シゴフミ…悪くないけどしにがみのバラッドみたいで嫌なんだよね

    • 1巻2006/01/26Posted by ブクログ

      第一話の「僕は能面」は非常に好きですね。誰だってそうだと思うんですけど、ある程度皆自分に能面を被せ、他人とうまくやりあうために息苦しさを感じることがあると思います。私もとくにそうなのですが、心理描写が...

      続きを読む
    • 1巻2007/03/30Posted by ブクログ

      読み終わり→3/29 読むの二回目で生き残り本!これは最初読んだとき、面白くて友達に貸したくらいのものです。友も結構絶賛していたなぁ。ライトノベルの中では上位に入ってます。最初の物語が半分のページ数を...

      続きを読む
    開く

    セーフモード