カレチ 5巻

完結

池田邦彦

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

昭和の時代の国鉄を舞台に、プロの仕事とは何かを描き出してきた骨太ドラマ。その最終章「分割民営化」では、国鉄をとりまく環境が激変。累積赤字問題から、国鉄本社が強引に合理化(=リストラ)を押し進める中、新たな人生の選択を迫られ、それぞれの闘いを開始するプロ達の姿を描く。

続きを読む
  • カレチ 全 5 巻

    未購入巻をまとめて購入

    カレチ 全 5 巻

    3,240円(税込)

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2017/08/31Posted by ブクログ

    待ちに待った5巻は最終巻。カバーには寝台特急「富士」の牽引車EF66で、往時は西鹿児島まで走り抜ける花形だったが、民営化後に大分止まりとなった時にはショックを受けた。本巻は、そんな自分の気持ちと少なか...

    続きを読む
  • 2013/09/07Posted by ブクログ

    おそらく国鉄最後の時期は、すべての職員が自分の働く国鉄だけでなくこの国に対して不信感、閉塞感、不安を抱きながら働いていたのだと思う。 ひたすらに誇りを持ってカレチとしての仕事に勤しみ、自分も成長して...

    続きを読む

セーフモード