アストライアの天秤 2巻

完結

漫画:小川悦司 原作:竹内一郎

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

『砕動風鬼』――3代続く判事の家に生まれた萩原(はぎわら)。自身も裁判官として真実を追い求めるが、裁判官であるがゆえの制約に限界を感じ、辞職の決意を固める。その萩原が最後に担当することになった裁判――それは、双子の若者が共謀して行った誘拐殺人事件だった。双子だが誕生日が違い、犯行時、兄は20歳、弟は19歳――少年だったという異例の事件。弟に脅されて手を貸したと供述する兄と、殺害を認めた以外、黙秘を貫く弟。出生の差はわずか20分……。

続きを読む
  • アストライアの天秤 全 3 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アストライアの天秤 全 3 巻

    1,944円(税込)

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2010/07/10Posted by ブクログ

    少年法と裁判員制度、これってまだ続いてますよね、ここで補織り出されても困るなぁ…ここで終わりと言えば言えるんだけどねぇ…ちょっと無理矢理に能と絡め過ぎかもなぁ

セーフモード