おはようおかえり 3巻

鳥飼茜

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

堂本家次女・堂本理保子(どうもと・りほこ)、28歳。東京(よそ)からも声をかけられるぼちぼち評判のアクセサリーデザイナー。言葉はキッパリしているけれど難儀な恋にはまってます。――京都人が一番好きなんは色恋の「ややこし話」。それを人に伝えるときの枕詞は「誰にも言うたらあかんえ」。『おはようおかえり』には、「誰にも言うたらあかん、ややこし話」が詰まっています。“よー知らんけど(笑)”

続きを読む
  • おはようおかえり 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    おはようおかえり 全 5 巻

    3,300円(税込)
    33pt獲得

レビュー

  • 2013/01/06Posted by ブクログ

    奈保子の過去がここで明らかになる。そして、それぞれ、少しずつ前に歩み出す。
    二巻のドロドロ路線から持ち直してきて良かった。

  • 2014/03/23Posted by ブクログ

    京都のシンボル、東寺の使い方が洒落ている。

    前の職場が登場して懐かしい気持ちに…。

    追いかける恋が楽しい理由…恋は幻想が作り出すということ?
    1+1=2じゃない明日が見たい気持ちも、2やから安心す...

    続きを読む
  • 2012/06/27Posted by ブクログ

    大半のセリフが標準語ではない、雰囲気満点の作品も3巻に。ドロ沼な展開も予想していましたが、掲載誌を考えるとこれが限界なのかも?多くの男子は女子に夢を持っていますので…( ´ ▽ ` )

開く
[{"item_id":"A000150306","price":"660"}]

セーフモード