よるくも 3巻

漆原ミチ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

貧しいが、明るい働き者の娘だった、キヨコ。キヨコは母をささえ、美味い飯屋を切り盛りしていた。最下層の出身で“命使い捨て”の殺し屋、小辰。キヨコは、縁あって小辰の朝晩の飯の面倒をみることになった。夢中になってキヨコの作った飯を食う小辰。読み書き算術を知らず、空腹になれば気絶するまでキヨコの飯を待ち続ける小辰。そんな幸せな日々は、突然に終わる。小辰を殺し屋として育てた男、中田がキヨコの母を殺し、キヨコを自分と小辰の「家族」とするためにさらったのだ。それを中田から知らされたキヨコは二人のもとを逃げ出す。キヨコを捜しさまよう小辰。しかしキヨコは、小辰の手がもっとも届かない“ある場所”へと連れ去られていた―――

続きを読む
  • よるくも 全 5 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    よるくも 全 5 冊

    3,300円(税込)
    33pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(5件)
  • 2012/10/13

    先が気になって仕方が無いので本誌買ってしまった。
    中田店長がどう終わって行くのかと、キヨコがどうしたいのかが気になったまま次巻へ。

    Posted by ブクログ
  • 2012/09/23

     くぉーいいとこで終わるなぁ。壊れていくキヨコ、変化の兆しがあるよるくも、中田、王子、百、キャラたちの思惑が交差しまくりで物語に惹きこまれます。
     キヨコと喋っている百がカッコイイというか実に天衣無縫...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2012/10/16

    ストーリーそのものよりも、隠喩として読むことが面白い作品だと感じる。高岡飯店とキヨコのピュアさとはいったい何を表しているのか、1〜2巻におけるやたらジブリ的なキヨコの台詞などを読むとなんとなく想像でき...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード