よるくも 1巻

漆原ミチ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    この[世界]には、上・中・下、がある。富めるものの住む[街]。貧しいものの住む[畑]。その下に、深く、暗い[森]――。[畑]でうまい飯を出す高岡飯店。看板娘のキヨコは、母をささえながら店を切り盛りするはたらき者。ある日、店の常連の“裏の仕事の手配師”中田の頼みにより、[森]からやってきたという殺し屋「よるくも」の毎日のメシの面倒をみてやることになった。「よるくも」は[森]に使い捨ての子供として生まれ、感情を持たず、痛覚を持たず、読み書きの知識を持たないままに育ち、中田の指示により殺しの仕事を日々こなす青年。キヨコとよるくもが出会うことにより、[世界]は少しずつ壊れはじめる――圧倒的に鋭利な新才能が描く、愛と暴力の悲劇、開幕!!

    続きを読む
    • よるくも 全 5 巻

      未購入巻をまとめて購入

      よるくも 全 5 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    4.3
    16
    5
    7
    4
    7
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/03/30Posted by ブクログ

      1~5巻(完結)まで読了。

      街~畑~森の格差と差別、その残骸の捨てられた子供=虫。
      痛みを無くし感情を持たない虫の殺し屋。
      自分の周りの世界だけを見て明るく生きていた少女。
      2人の変化と世界との折り...

      続きを読む
    • 2013/12/30Posted by ブクログ

      まだ導入部で判断が着かないが、先を読みたいと言う衝動には駆られる。こう言う構造の話は他にも色々あるので、搾取する側・される側、命の価値を理解せずコントロールしている側・家畜の様に命を扱われる側、と言う...

      続きを読む
    • 2013/12/18Posted by ブクログ

      思っていたよりグロかった…
      苦手なわけではありませんが、驚きました。

      暗いし不気味な人がたくさん出てくるのになんとなく惹かれます。まだ1巻しか読めていないので続きが楽しみです。

    開く

    セーフモード