アイリウム

小出もと貴

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

1錠飲めば1日分の記憶を飛ばすことができる薬、アイリウム。薬が効きはじめると、他人から見れば意識もあり普段通りの生活をしているように見えて、その間の記憶がまったくなくなってしまう。つまり、嫌な思いをする出来事の前に飲んでおけば、その事を思い出すことなく日常生活が送れるのだ。記憶を薬でコントロールできるようになった時、その人の生はどんな彩りになるのか…。

続きを読む

無料・試し読み増量 全1冊

  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2014/12/07Posted by ブクログ

    飲んだあと、決まった時間だけの記憶を失うという薬「アイリウム」を巡る短編集。記憶の連続性は個人の自己同一性を支える重要な要素だが、それを意図的に断ち切れるとするならば、人はどんな「人生」を送るのか。人...

    続きを読む
  • 2020/06/03
    記憶飛ばせる薬の話

    一巻読み切りなのでテンポ良く展開していきます。
    なるほどそう使うのか!って気持ちにさせられたしその後の展開もワクワクハラハラしておもしろい作品でした。

  • 2020/07/20Posted by ブクログ

    一定期間の記憶を飛ばせる薬物、アイリウム。
    様々な人の視点で書かれるアイリウムのある世界。
    誰しも嫌な記憶は消したいと思ったことがあると思うが、嫌なことを記憶から消したところで本当に幸せなのか、、...

    続きを読む
開く

セーフモード