欺きのワルツ

アン・スチュアート 翻訳:佐野晶

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    街中が噂するあの人の毒牙には、誰も抗うことはできない――人気急上昇のA・スチュアートが放つ、魅惑のリージェンシー・ロマンス。19世紀初頭のロンドン。借金を重ねた準男爵の父を亡くし、高貴な身分以外のすべてを失ったアネリーゼは、裕福な家に世話になりながら貴婦人の話し相手や付き添いをしている。今回の滞在先である新興成金チップル家では、一人娘を貴族に嫁がせるための指南役を任された。だが花婿の最有力候補は、よりによって悪名高きクリスティアン・モントカーム。彼の悪魔的な魅力と放蕩ぶりを知るアネリーゼは、無垢な令嬢に手を出さないよう、彼に直接、釘を刺すことにした。まさか彼の誘惑の矛先が自分に向けられるとは思いもせずに……。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/30Posted by ブクログ

      オールドミスのヒロインと奔放なヒーロー。

      アン・スチュアートだなっていう話だった。

      2006年。

    • 2015/04/08Posted by ブクログ

      「欺きのワルツ」オールドミスが美貌の男性に翻弄される?! 
      http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-01-10

    • 2007/05/13Posted by ブクログ

      『あの美しい悪魔を愛してはだめ』

      ゴシック様式の世界の香りがする作品。

      ヒーロー、クリスティアンが魅力的。
      官能的な気だるさ、美しさを持っている。

      ヒロイン、アネリーゼは芯の強い女性として描かれ...

      続きを読む

    セーフモード