炎と闇の記憶

レベッカ・ヨーク 翻訳:堺谷ますみ

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    サブリナには子供のころから消えない、ある記憶があった。ヨーロッパのどことも知れない山間の小屋に祖母と暮らす少女。時代はかなり昔、たぶん中世。少女の名はサラ。サラはある日、ハーブを採りに行った荒野で騎士と出会う……。幼いころ、自分で勝手に作りだしたお話の記憶かもしれない。でも、顔までわかる幻影となって目の前に浮かんできたりするもの?サブリナは経営する店のオフィスで見た奇妙な幻が信じられなかった。そんなとき、サブリナは友人の紹介で、地方検事補のダンと出会う。捜査中の連続殺人事件で、彼女に協力してほしいことがあるという。会った瞬間、サブリナの体に衝撃が走った。彼は幻で見たあの騎士にそっくりだった。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード