蜃気楼家族 1

著:沖田×華

564円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    週に二度しか風呂に入らず、漏らしたパンツを棚の裏に隠すパンチパーマ頭で暴君の父、肌の手入れが趣味で性的なものを毛嫌いする母、神経質ですぐ嘔吐する弟、学校で「チャーハン臭い」とイジメられる私。「蜃気楼の見える町」魚津(富山県)の小さな中華料理店を舞台にかなりおかしな一家が繰り広げる爆笑&少しせつない怒濤の実録ストーリー開幕。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/06Posted by ブクログ

      作者さんの自伝的漫画。当人たちはたまったモンじゃないかもしれませんが、何度も笑いました。
      実際は3兄弟でもう一人弟がいるみたいですが、先者さんがキライということで蜃気楼家族には出演していないのが残念。...

      続きを読む
    • 2017/01/24匿名
      笑い事ではない

      DV、毒親、借金、犯罪、人の死。ありとあらゆる不幸の連続で、例えば有名な所だと闇金ウシジマ君の登場人物よりも遥かに波乱万丈で不幸なはずなのに、全く不幸ぶる事なくハイテンションで綴られているエッセイです...

      続きを読む
    • 2016/11/21Posted by ブクログ

      赤裸々とは正にこの事だ(笑)自分の家庭とは全く違っていて、言葉は悪いが他人事として笑い飛ばして読めてしまった。

    セーフモード