【最新刊】素直な心になれたら 松下幸之助が中学生に教えたかったこと

素直な心になれたら
1冊

著:PHP研究所

800円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

たった一代で松下電器(現パナソニック)をつくった松下幸之助は、実家が破産したために小学校を中退し、9歳で親元をはなれ大阪で働きはじめました。生まれつき身体が弱かったにもかかわらず、大きな成功をなしとげられたのはなぜでしょうか。本書は、経営の神様といわれた松下幸之助が、生涯をかけてつかんだ「仕事の成功」と「人生の幸福」を実現するための心の習慣を、松じいという松下幸之助の化身のようなおじいさんと、3人の中学二年生の会話から学んでいく本です。松下幸之助が発見し、実践してきた「素直な心になること」「決してあきらめないこと」「自分の使命に気づくこと」を、松じいが3人の中学生にやさしく語ります。また、素直な心とは、けっして従順になるということだけではなく、何ものにもとらわれないことで、素直な心は人を、強く、正しく、聡明にすると説きます。どうしたら素直な心になれるのかを子どもたちに伝える本です。

続きを読む

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/03Posted by ブクログ

    松下幸之助といえば、パナソニックを創業し、現代の経営者たちに大きな影響を与えたというイメージが強いかもしれませんね。
    経営者としてだけではなく、哲学者としても大切な考え方を教えてくれるといいます。

    ...

    続きを読む
  • 2018/01/22Posted by ブクログ

    「もしも中学生と松下幸之助さんが会話したら、どんな話になるのか」という内容。松下幸之助さんから生きる哲学をわかりやすく会話形式で学べる。こんな大人がそばにいたら、日本人としての誇りを持って成長できただ...

    続きを読む

セーフモード