ひばりの朝

ヤマシタトモコ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

『HER』を超える怪作、誕生。少女の正体は魔性か、凡庸か。「あたしがわるいんです」「値段のついてる『おんなのこ』……あたしとは違ういきもの」手島日波里(てしまひばり)、14歳。同い年の子どもより、肉感的な身体つき。彼女を知れば、男はたいがい性的な感情を抱き、女はたいがい悪意の弾をこめる。彼女に劣情を抱いている男や、片想いをしている少年、劣等感を抱く女、そして彼女をおとしめたい少女が、ひっそりと、かつエゴイスティックに語り出す。彼女にまつわる心理展覧図はどこまでも繁(しげ)るが、真実の正体は誰が知るのか──。

続きを読む
  • ひばりの朝 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ひばりの朝 全 2 巻

    1,296円(税込)
    12pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.5
72
5
11
4
29
3
23
2
7
1
2
レビュー投稿
  • 2016/12/12Posted by ブクログ

    うーーーわーーーー!!!すげー衝撃受けた。物凄いパワーのある作品だ、これは。あとがきでも言っていたが、確かに作者の怒りが伝わってきた。

    世の中って理不尽なことばっかりだ。努力したってどうにもならない...

    続きを読む
  • 2016/09/13Posted by ブクログ

    漫画家って絵がうまいだけじゃなれないな
    って実感する。そういう作品だわ。
    ストーリーや展開力とか
    人間観察とか心の機微とか洞察力とか

    どんどん拡がっていくわ~
    感心するくらい

    ところで、題名が「ひ...

    続きを読む
  • 2016/07/06Posted by ブクログ

    全2巻 異性から性的な目で見られ続ける14歳の少女の話。同性からの嫉妬も多く、読んでいて悲しくなる。善意があっても人は人を救えないし救わないのだ

開く

セーフモード