【最新刊】クラウドの衝撃―IT史上最大の創造的破壊が始まった

クラウドの衝撃―IT史上最大の創造的破壊が始まった
1冊

著:城田真琴

1,200円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

グーグル、マイクロソフト等がしのぎをけずる新技術「クラウド」により、PCは単なる箱と化し、会社からはサーバが消える。この大変化の本質と対策をビジネスの視点から平易に解説。【主な内容】第1章姿を見せ始めた次世代コンピューティング・モデル/第2章雲の中身はどうなっているのか/第3章ネット企業がリードするクラウド・コンピューティング/第4章ICT業界の巨人たちはネット企業に追いつけるか/第5章クラウド・コンピューティング時代の企業IT戦略/第6章クラウド・コンピューティングで何が変わるのか/第7章クラウド・コンピューティング時代へ向けて超えるべきキャズム

続きを読む

レビュー

3.7
76
5
12
4
34
3
28
2
1
1
1
レビュー投稿
  • 2019/01/17Posted by ブクログ

    2009年出版のNRI城田さんの著作。
    自前でサーバーを抱え、自前で一からアプリケーションを開発する時代から、クラウドで手軽にサービスを作る時代になった。
    グーグルでは1800台のサーバで構成されるク...

    続きを読む
  • 2018/04/12Posted by ブクログ

    よくまとめられてありました
    自分に置き換えて考えると、破壊的創造だとしたら
    よく注目する必要がある
    いろいろ業界の有名どころみたいなのもわかる。

  • 2015/03/19Posted by ブクログ

    クラウドがどんなものかっていう解説みたいな本?導入コストが少なくてすむからスタートアップ企業にはやり易い世の中になったってことかなあ。

もっと見る

セーフモード