【最新刊】落英(下)

落英

2冊

著:黒川博行

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    和歌山・南紀銀行副頭取射殺事件で使われた拳銃を調べる大阪府警の桐尾と上坂。手を組んだ和歌山県警の満井は切れ者だが、女性問題や地元業者との癒着の疑惑が絶えない悪徳刑事だった。ふたりは、事件当時犯人と目されていた暴力団の幹部に同じ型の拳銃を売りつけるよう満井に持ち掛けられる……。直木賞作家が打ち立てた本格警察小説の金字塔!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/06
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.4
    24
    5
    2
    4
    9
    3
    12
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/04/09Posted by ブクログ

      面白かった。すごくイメージしやすい描写で一気読みだった。3人だけの捜査だがとても緻密で詰将棋みたいだった。満井の曲者っぷりが印象的。

    • 2019/04/04Posted by ブクログ

      シャブの内偵捜査から思いがけずチャカが見つかり過去のお宮入り事件へと繋がる。流れとしては不自然さがなく下巻に期待感を持たせてくれている。主役の2人は強烈な個性はないが、それが逆にリアリティを持たせてい...

      続きを読む
    • 2018/11/16Posted by ブクログ

      腐敗していく刑事コンビのシノギの物語。

      大阪府警察本部刑事部薬物対策課の刑事、桐尾と上坂は覚醒剤の売人の捜査で、怪しげな拳銃を見つける。

      その拳銃は過去、和歌山の南紀銀行副頭取殺人事件で使用さ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード