【最新刊】ルーマニア・マンホール生活者たちの記録

ルーマニア・マンホール生活者たちの記録

早坂隆 著

796円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    チャウシェスク体制崩壊後のルーマニアでは、ストリートチルドレンの一部がマンホールでの生活を強いられていた。著者はマンホールに単身乗り込み、シンナーを吸ったり、結婚し、子どもまでつくっている生活の様子を取材した。弱者どうしのいがみあい、彼らをさらに追い立てる社会の非情さなどを浮き彫りにした傑作ルポルタージュ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05
    連載誌/レーベル
    中公文庫

    レビュー

    • null巻2017/01/09Posted by ブクログ

      ルーマニアに行ったのは、学生時代の1993年の夏のことだった。ベルリンの壁が崩れてしばらく経ったころで、それまでは入国が難しかった国々に行くことができるようになった。交換研修でギリシアに行くことになっ...

      続きを読む
    • null巻2010/09/02Posted by ブクログ

      チャウシェスクによる独裁政権時代 
      誰もが貧しい暮らしを強いられる中
      「国力とは人口なり」
      と唄われ 
      中絶や避妊が非合法とされた。
      時代に生まれた子ども達 
      は「チャウシェスクの子」と呼...

      続きを読む
    • null巻2013/08/04Posted by ブクログ

      ルーマニアのチャウチェスク時代、多産政策により生まれた子供たちが自由化のあとホームレス化し、多数がマンホールで生活しているという状況を取材したルポルタージュ。同じような事情はモンゴルなどにもあるという...

      続きを読む
    開く

    セーフモード