ラバウル烈風空戦録15 - 逆攻篇

川又千秋 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    蒼穹を飛ぶ後退翼の新型機――機材受領のため三菱の鈴鹿工場に赴いた風間上飛曹がまみえたこの戦闘機こそ、連合軍の侵攻を押し返す主力となるべき噴進式艦戦「閃風」であった。だが、1944年暮れの東南海地震と翌年1月の三河地震により、東海地方の航空機産業はほとんど壊滅。急遽機体を疎開させた風間を待っていたのは、思いもかけない新任務だった。一方、米軍の怒濤の攻勢を前に、海軍は太平洋の絶対国防圏を死守すべく、開発なった長距離音響追尾魚雷「回天」を前線に投入するが……。

    続きを読む
    • ラバウル烈風空戦録 全 18 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ラバウル烈風空戦録 全 18 巻

      14,705円(税込)
      147pt獲得

    レビュー

    • 2010/02/12Posted by ブクログ

      史実とは異なる展開を辿った太平洋戦争を、
      年老いた元撃墜王の回想録という形式で描いたSF戦記。

      ただ、SFとはいえ、
      時代背景や国家間の関係、戦闘機や戦艦、地形など、
      実際の歴史に則した部分も多々あ...

      続きを読む

    セーフモード